子育てコラム

文字を早い時期に教えることの幼児教育上の効果とは?

2021年12月14日 5:00

目次

    文字を早い時期に教えるメリット

    早い時期に文字を教えると、どんなメリットがあるのでしょうか。

    ひらがなを覚えた時期と学力の関係を、東京の11校の小学校が調査をしたところ、ひらがな読みの時期が早いほど学力によい影響があるという調査結果がでました。文字を早くから覚えた子どもは、他の子どもより、はるかに思考力が高い子どもに育つそうです。

    では、どのようにしたら、子どもが無理なく文字を読めるようになるのでしょうか?

    今回は、そのステップを紹介します。

    文字を身近な環境に置きましょう

    幼児期は、繰り返し入った情報を、自動的に処理する能力があります。

    繰り返し情報が入ると、ある時期になると、その規則性を理解することができるのです。文字を読むことは、1~2歳の子どもにはまだ早いと思われがちですが、このころでも文字を「認識」することはできています。

    ですから、文字を繰り返し見せ、読んでいると、早く文字読みができるようになるのです。まずは、環境を整えることが大切なのです。

    「あいうえお表」を貼る

    子どもの目に付く所に「あいうえお表」を貼りましょう。そして、繰り返し「あいうえお表」を読んであげましょう。早い時期から環境を整えると、子どもは自然に興味を持ちます

    コペルの「あいうえお表」は、ひらがなを大きめに記載していますが、カタカナも一緒に書いてあります。ひらがなもカタカナも同時に見ることで、子どもは「これは、あひるの”あ”、これも、”ア”なんだな。」と理解していきます。

    文字の書いてあるおもちゃを活用

    文字が書いてある積み木や、文字の形をしたスポンジパズルは、遊んでいる間に文字情報が入ってくる便利な教材です。

    赤ちゃんのときから遊び場に置き、口にくわえたり歯固めにすることもありますが、大目に見て利用してください。

    いかがでしたでしょうか? ぜひお子様の教育の参考にしてくださいね。

    copel