子育てコラム

「意志力」を活用した学習法とは

2021年12月14日 5:00

目次

    『意志力(ウィルパワー)』を味方につけた効果的な学習法とは

    最新の認知科学や脳神経科学、心理学の研究において注目を集めている概念があります。

    それが、「意志力(ウィルパワー)」です。

    意志力はどんな人間にも備わっている能力で、この力を活用することで自分をコントロールして目標を達成したり業務を遂行したりすることができます。

    今回は無理をせず楽しんで勉強をして効果を上げる方法を、意志力の観点を交えてお話ししたいと思います。

    自分をコントロールして目標を達成する能力

    意志力とは、簡単にいうと“自分をコントロールして目標を達成する能力”のことです。

    意志決定は、脳の前頭前野でおこなわれると考えられています。脳という器官が作り出す一種のエネルギーとして“意志”というものを科学的に紐解く試みが、意志力(ウィルパワー)という概念です。

    意志力はすべての人間に備わっていますが、その量には限りがあります。使うことで筋肉のように疲労してしまいます。

    有効に使えば、自制して健康を維持したり、やりたい業務や目標を遂行するために素晴らしく役立てたりすることができます。

    意志力の3つの要素

    意志力は、以下の3つの要素から成り立ちます。

    第一に、“やる力”
    これは、目標にむかって成し遂げようと行動する力です。

    第二に、“やらない力”
    これは、自分をコントロールする力です。

    第三に、“望む力”
    これは、やりたいことをイメージして実現に向かって計画する力です。

    この三要素から成り立つ意志力を活用すると、自己をコントロールしながら前向きに行動し、夢や目標をイメージして実現に向かうことができるのです。

    人生の利益においても重要な能力である意志力(ウィルパワー)は、もちろん学習などの目標達成に活用することができます。

    勉強だけでなく、やりたいことややるべきこと、希望や夢の実現においても同様の力を発揮します。

    意志力を学習に活用するための4つのポイント

    ◆楽しんで学ぶ
    我慢や無理をすればするほど、意志力は大きく消耗してしまいます。また、一度我慢をしてきたことは、もう一度始めようとするときにやる気を失わせてしまうという特徴もあります。

    子どもが好きな方法、楽しんでできる方法で学習することを大切にしましょう。

    ◆記録する
    頑張っていることを記録することで、意志力とやる気を高めることができます。

    子どもが勉強を頑張っているときには、シールを貼ってあげたり、取り組みをノートなどに記録してあげたりするとよいでしょう。その際には是非、頑張っていることをたっぷりとほめてあげてください。

    ◆ひとつの目標に集中する
    取り組みを始めようと思っても、すでに意志力が消耗していた場合には誘惑に負けてしまいます。

    本当にやりたいことに集中して取り組むためには、その他のことで負荷やストレスがかからないようにしましょう。日ごろの生活を心地よく無理のないものにしていくことが、やりたいことに意志力を集中させるポイントです。

    ◆習慣化する
    習慣化されたことは、選択を必要としないため、意志力(ウィルパワー)を消耗することがありません。毎日同じ時間に学習する習慣をつけるとよいでしょう。

    是非子どもが本当にしたいことや興味のあることに、意志力を集中させてあげましょう。

    copel