子育てコラム

目標達成につながる有効な「自己意識コントロール」とは?

2021年12月14日 5:00

目次

    潜在的な自己意識コントロールの重要性

    世のなかには、さまざまな「うまくできる方法」が書かれている本がたくさんありますが、それを勉強しても思いどおりにならないのは、なぜでしょうか?

    それは、わかっていてもできないからです。人間は、1日に1万回決断するそうですが、意識的に選ぶことができるのは500回だそうです。

    つまり、残り9500回は自分で意識せずに、自分自身はこういう行動をする人間だという“自己イメージ”にしたがって、無意識的に行動しています。

    われわれの行動、思考、感情は、実に95%は自己イメージに対する自動的な反応の結果というわけなのです。

    自分の意識でコントロールしているのは、わずか5%程度ですので、わかっていてもできないのです。

    できるようにするためには、無意識が認識するまで習慣化する必要があり、自己イメージの自己革新が必要になります。

    有効な自己イメージの持ち方とは

    自己イメージとは、条件反射的に現れる考え方、感情、態度、振る舞いです。

    すなわち、潜在意識に植えつけられている自分の姿そのものです。自己イメージのとおりに考え、おこなうのが楽であるから、私たちはそのとおりに行動します。

    人間には長所も短所もあり、潜在意識によいことも悪いことも蓄積されていきます。

    しかし、天才とは正しい自己イメージを持ち、しっかりとした正しい思考、感情、行動パターンを植えつけている人であるということです。

    間違った思考パターンが目標達成の邪魔をする

    人間は通常、悪い思考、感情、行動パターンを多く持っているということがわかっています。

    その誤った考え方(感情の持ち方、振る舞い)が、目標(夢)を達成しようとするときに、それを妨げる“障害”になってしまいます。もしこのような考え方をしていないとすれば、自分の夢をすべて実現しているはずです。

    というのも、自分の力が発揮できるか否かは、成功する正しい自己イメージを持っているかによって決まってしまうからです。

    天才は、どんなに不可能に思えてもどんなに不利な状況であっても、その目的、目標に即して正しい自己イメージ(思考、感情、行動パターン)を潜在意識に持っているために、その目的とした結果を自動的に得ることができるのです。

    子どもにすばらしい自己イメージをプレゼントしてあげましょう!

    copel