子育てコラム

怒らない子育て、一番簡単にできるのは「抱っこ」

2021年12月14日 5:00

目次

    怒らないようにと思っても、我慢できず怒ってしまう…どうすればいい?

    以前の記事『子どもの積極性を左右する「ストロークバンク」とは』では、ストロークバンク(=子どもの心の財布)を満たしてあげることが、子どもの心の安定、自立につながるということを説明させていただきました。

    それでも、こんなときはどうしたらいい?というケースも多く出てくると思いますので、実際にあった質問にお答えしていきたいと思います。

    【いただいた質問】
    兄弟3人の母親です。プラスのストロークが重要と知ったため、「今日は怒らない!」と思って子育てをしています。

    しかし、長男は私の気を引きたいのか、下の子をいじめたり、いつもできることをわざとやらなかったりするので、私も疲れてしまい、最後には怒ってしまいます。

    どうすれば、怒らずに向き合えるようになるのでしょうか?

    【コペルとしての考え】
    まず初めにお伝えしたいのは、お母様はとてもよくやっていらっしゃいます。

    そして、子育ては悩みながら、試行錯誤しながらおこなっていくもので、お母様が特別ではありません。完璧にできなくて当たり前だと思ってくださいね。

    プラスのストロークが、うまくできないときにおすすめなのは、プラスのストロークで一番簡単な「抱っこ」です。寝る前に、1人ずつ抱っこするだけでも、子どもの心は満たされます。また、子どもの機嫌のいいときは、お財布にプラスのストロークを入れるチャンスです。

    「今のうちに家事を片付けよう!」とか、「自分の時間が少しでもとれた。」と、子どもから心を離さないで、そのときこそ、思い切り愛情をかけましょう。子どもの心のお財布が空っぽになってから、慌てて入れるのではなく、早めに貯金をしておくほうが、子育ては楽なのです。

    子どもさんの機嫌のいいときこそ、しっかりと関わってみてくださいね。

    copel