コペルクラブ
会員限定コンテンツ

子育てセミナー

セミナーご視聴後はアンケートのご回答に
ご協力いただけますと幸いです。

ご視聴後アンケート

お悩み相談

お悩み
ピョンピョンさん

4歳の息子の相談です。保育園で、友達を押したり、引っ掻いたりすることが、増えてきました。どうしたら、なくなるでしょうか。
先生のアドバイス
児童発達支援スクール コペルプラス代表講師
有元 真紀

お友達を押す、引っ掻くの行動は心配になりますね。実はこのような他害の行動は、言葉が流暢でない時期には比較的多くの子どもで起こります。

お母さまなど身近な相手だけのことが多いですが、友達への行動もあります。言葉でうまく伝えられないのに加え、衝動性を抑える力が十分育っていないことが要因です。ですから多くの場合対応をこじれさせなければ、発達が進み言葉で上手に伝えられるようになると自然と減っていきます。お子さまは4歳ですが、言葉ではまだ上手に伝えられない、あるいは行動(押す、引っ掻く)による感情表現が何かをきっかけに定着してしまった可能性が考えられます。
「いや」を伝えるのに、理由を上手に言葉にできなくて、直接的に「友達を押した」ら環境が変わった(いやなことがなくなった)というようなことです。

そこで対応ですが、行動の理由を理解して気持ちを否定せず、「いやだったね」と言語化してあげることが基本です。でも気持ちは認めても「友達を押す」行動自体は許せないので、起こってしまったらすぐにやめさせ、次に同じ行動が起こらないように友達と接近した時には防止できるように見ておくことが大切です。他害行動自体は増えないように対応し、気持ちを表現する手本を見せるということですね。つい「いけません」を強く伝えたくなりますが、行動が先に出る時期には言葉による説明の理解は難しいので、「気持ちや行動を否定された」という感じ方が強くなってしまわないように注意しましょう。また今回は保育園での行動ですが、園の先生に状況を詳しくたずね、なぜそのような行動になってしまったか、相手のお子さまを否定しないように話し合い、見守れる環境へつながると良いですね。

お悩み
マウンティングさん

子供が、保育園の先生が怖いと保育園へ行きたがりません。確かに子供は、多動な傾向があるため、大声で怒鳴られるわけではありませんが、蛇に睨まれた蛙のような感じで先生の背中は、冷たく怖いです。保育園の入り口に入り、その先生の顔を見るなり、後ずさりしてしまいます。先生は、真顔でどうしたの?と理由を聞いてくれますが、すでに怖いです。蛇に睨まれた蛙のようにして、子供を良い子にしても効果が、その場限りで解決策では、ないように感じてしまいます。無視や無表情で大人の指示に従わせる事に、躾としての効果はあるのでしょうか。また、多動な子が、大人しく先生の指示を聞けるようになるためには、恐怖を植え付ける以外で何か効果的な方法はないでしょうか。

先生のアドバイス
児童発達支援スクール コペルプラス代表講師
有元 真紀

保育園の先生も、お子さまが活動に参加できるようにと一生懸命でいらっしゃるのかと思います。それがお子さまから見て「怖い顔」になっているのかもしれませんね。でも保育園へ行きたがらないのは困りますよね。

まずできることとしては、園へ連れて行った時にお母さまと先生が仲良く会話している様子を見せてあげます。「大好きなお母さんと仲良し」と感じられたら少し怖さが薄れるのではないでしょうか。家庭で「〇〇先生があなたのこと可愛いって言ってたよ」とプラスの言葉をかけてあげるのも良いと思います。そうしているうちに実際に先生の対応が和らぐかもしれません。そのようにして少し様子を見るのはいかがでしょうか。

もう一つご質問の、押さえつけるように躾けることについてですが、おっしゃる通り効果は一時的であり、長い目で見るとマイナスの方が大きいと思います。理想としたいのは、子どもが自分で状況を理解し行動できる姿です。誰かが怖いからという理由で行動するのは、その理想にはつながりにくいですね。「自分(の行動)はダメなんだ」というマイナスのセルフイメージにもなりかねません。どうしたら子どもの行動を変えられるか?という視点ではなく、行動が起こりにくくなる環境づくりや対応の工夫が大切です。指示を簡潔にする→時間が短くなる、指示を楽しく伝える→聞きたくなる、等が考えられます。子どもは様々なかかわりや経験により成長し変化します。対応を工夫しつつ、お子さまの成長を待ってあげたいと思います。

お悩み
すももさん

4歳の長女の表情がいつも暗く、言いたいことを我慢している気がします。当方共働きで毎日忙しくしていますが、夫婦仲は円満であり、お休みの日は一家団欒の時間を過ごしています。保育園も特に嫌がる様子はないので、暗い表情の理由がわからず、途方に暮れております…。同じような経験がある方、アドバイスいただけないでしょうか。
先生のアドバイス
児童発達支援スクール コペルプラス代表講師
有元 真紀

表情が暗いことは何か理由があると思うのですが、保育園のことなのかご家庭のことなのか、判断がつかないということですね。

気になるのであれば、理由をお子さまにたずねても良いと思いますが、一緒に楽しい時間を過ごしている時に、「保育園では何して遊んでるの?」と明るく聞いてみてはどうでしょう。表情が暗いと思った時ではなく、心が通っている気がする時が良いです。それで話してくれたら対応を考えられますが、何も言ってくれない時には、やはり見守ることになるかと思います。

子どもの心を育てるために大切にしたい考え方として「子どもの力を信じて見守る」姿勢があります。大人ができるサポートはしてあげたいですが、それが過度に干渉することにならないことも大切です。もちろん放っておくのではなく、あくまでも「見守る」姿勢です。何かあればすぐに助けるつもりで。ご家族団欒の時には、親子で一緒に楽しむことが気持ちを明るくしてくれるのではないかと思います。

お悩み
あさりさん

批判覚悟で書き込むのですが、口達者な5歳(園児)に腹が立って叩きたくなる感情を必死に抑えています。ちょっとしたことですぐに「でも〇〇じゃん」「それって本当なの?」などの口答えや屁理屈を言うからです。ちっちゃいひろゆきみたいな感じです。言われる私も腹が立ちますし、小学校に上がったら先生やクライスメイトに嫌われるのではないかと心配でもあります。

先生のアドバイス
幼児教室コペル代表講師 ペアレントセラピスト代表
大坪 可奈

反抗期と言えば、10代の思春期と考えられていますが、5歳から小学校入学に向けての幼児期にも『中期反抗期』と言われる反抗期があります。この時期は、自分でできることが増え、自分で考えて自分でやりたいという気持ちが強くなります。

一方で、この自立心が満たされないと、反抗的な態度になって現れることがあります。 親から見るとまだまだ未成熟な部分が多いので、生意気に感じ、腹が立つことも多くあります。
しかし、近年、この時期にまわりの言うことを聞かない子ほど、将来有望であると言われています。

ルクセンブルグ大学で、3000人の子どもたちの40年後の職業的成果・年収を追跡調査したところ、「幼少期に反抗的だった子ほど、将来高収入になりやすい」ということがわかったそうです。
また、アップルのスティーブ・ジョブズさんやフェイスブックのマーク・ザッカーバーグさんなどのIT起業家は、子どものころ「素直でない」「協調性がない」「まわりの言うことを聞かない」性格だったそうです。
今までは、親や教師に従順な子どもほど、偏差値の高い学校に入り、高収入な仕事につくと考えられてきましたが、「幼児期に反抗的な子ども」の方が、イノベーションを起こす時代と言われています。

 確かに、教室の生徒さんも中期反抗期がひどく、お母さまを困らせていたお子さんほど、6年生で卒業するころには大きな夢を語り、たのもしく成長されていると感じます。  今は、イライラしたり、心配に思うこともあるかもしれませんが、きっと立派に成長されることと思います。
一見、短所に見えることは、大きな長所です。

将来大物になると信じ、これからも味方になってくださると、よい結果になるのではないかと思います。

お悩み
浜田さん

6歳の女の子を育てている母親です。女の子は言葉を理解するのも話すのも早いと聞いていましたが、娘はこちらからの簡単な質問にも答えられないときがあり、「もしかして年齢のわりに言葉の理解力が低いのでは?」と心配です。
私が近所の同い年の子(女子)と話したとき、その子はしっかり会話のキャッチボールができていたため、どうしても娘と比べてしまいます。
もし、何かしらの障害があるなら早めに医療機関で検査を受けた方がいいと思いますが、主人は焦りすぎだと。。。皆さんならどうしますか?

先生のアドバイス
児童発達支援スクール コペルプラス代表講師
有元 真紀

ご相談ありがとうございます。言葉の理解や出方は個人差が非常に大きいので、友達と比較して心配になるというお話をよくうかがいます。年齢相応かどうかよりも、きちんとステップを踏んで進んでいるかの方が重要かと思います。

「簡単な質問にも答えられない時があり」とありますが、いつもではなく時々と言うことでしょうか。もしそうなら、会話に集中できていないことが理由として考えられます。行動には、意識しなくてもできることと集中が必要なことがあります。例えば大人だとそれほど意識しなくても靴ひもを結べますが、子どもだとできるようになってもしばらくは集中が必要ですね。経験を重ねると情報処理がスムーズになり、意識しなくてもできるようになっていきます。これは様々な行動に当てはまりますが、会話も情報処理であり行動なので同じです。私たち大人は母国語の簡単な会話なら意識しなくてもできますが、これが英語だと知っていたとしても記憶から引き出すのに集中が必要ですね。

子どもは言葉を使う練習中ですから、やはり集中していないと難しいこともあるのだと思います。会話の時にはできるだけ集中できるように、別のことに意識が向いている時には様子を見て話しかける配慮をし、たまたま上手にこたえられなかったときには次への学習だと思って、丁寧な会話を心がけることかと思います。質問の意味をかみ砕いたり、別の言葉で言い換えてあげたりするのも良いですね。何か障害があるのでは?という点については、あまり心配しすぎずに専門機関にご相談されるのが良いかと思います。まずは地域の療育センターや福祉教育課などへご相談されてみてはいかがでしょうか。専門家から見て特に苦手な点があれば、そのためのサポートは色々とアイディアがありますし、障害の有無にかかわらずお子さまの成長の助けになると思います。

言葉の発達は個人差が大きく、同年齢の子どもと比較して心配になる、というご相談は多くあります。「簡単な質問にも答えられなときがあり」ということですが、いつもではなく場合によってということでしょうか。
これは幼児にはしばしばあることで、例えば知っているはずなのに、改めて質問されると答えられなかったりすることがあります。日常の多くの行動は無意識に行われていると言われますが、無意識的な行動も最初からそうだったわけではなく、何度も繰り返すことで情報処理がスムーズになり意識に上らせなくても行動できるようになっていきます。

例えば「靴ひもを結ぶ」のは大人は無意識にできますが、できるようになったばかりの子どもでは集中しないと難しいですね。無意識にできるところまで行動が繰り返されていないためです。そして、スムーズな情報処理のためにどの程度の経験が必要か?には個人差があり、行動によっても異なります。「話す」ことも、子どもはまだ経験が少ないことに加え、スムーズな情報処理に必要な経験の量には個人差があるのです。うまく答えられない時には、質問をわかりやすく言い換えたり選択肢を出したり、学習に生かせるように考えてみてください。なにかしら障害の可能性についてですが、あまり心配しすぎずに地域の療育センターや福祉教育の窓口へ相談されてみてはいかがでしょうか。お子さまの状態により専門的なサポートは色々ありますので、障害の有無にかかわらず成長の助けになると思います。

お悩み
鈴木悩美さん

息子は抱っこをギャン泣きで拒む、笑わない、すぐに癇癪を起こすなど育てにくい子でした。
そしてもうすぐ5歳になる今はすぐにフラフラどこかに行ってしまい、しょっちゅう迷子に。
「ママのそばから離れちゃだめだよ!」と強めに言っても目を離した隙にどこかに行っています。
ハーネスを検討しましたが、こちら田舎住みなので周りの目が気になって使っていません。
おなじような経験がある方で、効果があった対策があれば教えていただきたいです。できればハーネス以外で。。。。。

先生のアドバイス
児童発達支援スクール コペルプラス代表講師
有元 真紀

少しも目がはなせないのは大変ですね。ご心配もあると思います。

対策についてですが、子どもの行動を大人の思うように変えることは根本的にはできないので、まずは最も困ることが起こらない環境設をもう一度見直しましょう。買い物は宅配を利用するなどし、外へ出る時を限定し目を離さないつもりで対応すること等です。

そのうえで、お子さまの行動(どこかに勝手に行ってしまう)が起こりにくくなる工夫を考えてみます。例えば「お母さんのまねできる?」と楽しい遊びとして「まねっこゲーム」に日常で取り組んでおき、外でも「あ、まねっこできる?」と時折注意を引きつけるようにするのはどうでしょう。しりとりや言葉遊びのようにどこでもできて、なおかつお子様が興味を持ってくれそうな遊びで応用できます。用事をしながらできる遊びのバリエーションをいくつか持っておくと良いですね。また、言い聞かせるよりもイメージに訴えることも効果的です。「お母さんと〇〇君の手が見えないリボンでつながってる」「ほら、リボンでつなぐよ」とリボンを結ぶジェスチャーをして見せ、「離れない」イメージはどうでしょう。想像遊びが好きなお子さまなら特に効果があると思います。

大人ができることを見直したうえで、お子さまが楽しめる工夫で対応できると良いです。

お悩み
はるなさん

発達障害の息子がおります。今の小学校の先生はとても良くしてくださっていて、息子も落ち着いています。息子は環境が変わることがとても苦手なので、できることなら転校させたくありません。夫に単身赴任をしてもらい環境を変えずにいるべきか、引っ越して家族が一緒にいる方がいいのか、息子にとってなにが一番よいのか悩んでいます。

先生のアドバイス
児童発達支援スクール コペルプラス代表講師
有元 真紀

発達障害の子どもは、おっしゃるように環境の変化が特に苦手な面があります。変化は誰にとってもなにかしらのストレスがかかることですが、感覚や情報処理に偏りがあると、「いつもと違う」ことはより大きな不安につながります。

今回は引っ越し、転校という大きな変化ですので悩まれるお気持ちはよくわかります。 具体的に親ができるサポートを調べてみるのはいかがでしょうか。転校先となる小学校に相談し、例えば通学に付き添うことはできるのか、どのようなクラス編成になっているのかなど、選択するための情報を増やすことが必要かと思います。

親には、「子どものためにどちらが良いか?」悩んで選択しなければならない時がありますが、それぞれの選択によって起こるメリット・デメリット、あるいはデメリットをカバーする具体的な方法は何か?発達障害のお子さまの場合は特に、十分検討されることが大切だと思います。

お悩み
くっきーママさん

寝かしつけとか、お風呂とか、私がやらないと本当に泣き止まないんです。なのに、8月には出産予定が…。帝王切開なので1週間は入院しなきゃいけなくなりそうで、ママなしの状態で息子のストレスを減らす方法ってあるんでしょうか。パパは朝早く夜遅いので、私の母に手伝ってもらう予定です

先生のアドバイス
幼児教室コペル代表講師 ペアレントセラピスト代表
大坪 可奈

2人目のお子様の妊娠中、誕生を待ち望む嬉しさと同時に、上の子の今の姿を見ると、これからどうなっていくのだろう。という不安がわいてくるのは、当然のこととおもいます。
そして、この状態で自分がこの子をひとりおいて入院することを思うと、とても心配で、なんとかストレスを減らしてあげたい。というお母様のお子さまを思う気持ちが伝わってきます。

 お母さまの妊娠中、上のお子さんの「退行現象」(赤ちゃん返り)がよく見られます。
今まで親の愛情と注目を独り占めしていましたが、下の子の存在を敏感に感じ取り、漠然とした不安を覚えるようになるのです。
このような気持ちから生まれる葛藤や嫉妬心が、赤ちゃん返りという現象であらわれるようです。
また、妊娠中のお母さまは、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなりストレスを感じやすくなります。
女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンの分泌が増え続け、結果ホルモンバランスが乱れて、気分の浮き沈みが激しく、不安も強くなると言われています。
そのため、二人目の妊娠中は、お母様にとって非常に大変な時期となります。
しかし、ずっと続くものではありません。
自然に上のお子さんの赤ちゃん返りも落ち着き、お母様の不安も和らいでいきますが、その間の過ごし方として、効果的なことをお伝えしたいと思います。

① 抱きしめてあげてください
「ママはあなたのことが大好きよ」ということを体で表現してあげてください。
お子さんは、ママの抱っこが大好きです。 
座ってでも、寝ながらでも大丈夫ですので、スキンシップを大切にしてください。
ママの抱っこは、お子さんの安全基地であり何よりも安心できる場所なのです。
また、スキンシップをすることで、お母さまから愛情ホルモンオキシトシンがふえます。
オキシトシンは、別名幸せホルモンと言われ、オキシトシンが出ると幸福を感じ、お母さまストレスをいやす効果があります。

② 赤ちゃんの話をしましょう
お母さまのおなかので成長している赤ちゃんのことを、ご家族みんなで共有しましょう。
上の子がやきもちを焼いて写真を取り上げたり、おなかを叩いたりすることもあるかもしれませんが、慌てたりせず「あなたもこんなときがあったのよ。みんなで生まれてくるのを待っていたのよ。」と、伝えてください。
そして、赤ちゃんが生まれてもあなたが大切であるということを繰り返し伝えてください。
生まれる前から、赤ちゃんの話をすることは、上のお子さんだけでなくお父さんもみんなで乗り越える準備ができます。

③ 事前に入院することを伝えておきましょう
下の子の出産で1週間いないことをお子さんに事前に知らせておきましょう。
お子さまには、「赤ちゃんが生まれるとき、ママは病院に入院することになりました。○○日になったら、帰ってきますからね。その間は、おばあちゃんとお家で待っていてね。」と、きっちりお願いしておきます。
そして、カレンダーに印をつけておき、「〇〇日から〇〇日までは、病院に入院していているけれど、必ず帰ってくるからね。ママも○○ちゃんと離れて寂しいけどがんばるね。」と、伝えておいてくださるようにお願いします。
事前に見聞きしたことが、その後の行動に影響を与えるプライミング効果です。「言葉」は、子どもの無意識に強く働きかけることができます。

今のお子様の姿を見ると、不安に思われるかもしれませんがお子様は乗り越える必要な力をもっていらっしゃいます。寂しいことや我慢しなければいけないこともあると思いますが、それもお子さんの成長にとって良いこともたくさんあると思います。

お悩み
匿名さん

2歳2ヶ月の女の子の母です。私は持病の薬調整で定期的に入院が必要です。入院の間は娘のケアは夫がしてくれ、本当に助かり感謝しています。今日は私の定期入院時の娘の食事についてご相談です。 夕飯は買ったおかずやサラダなど、それなりにレパートリーがあるようです。問題は朝だそうです。とてもゆっくり作って食べさせる余裕がないと夫は話しています。朝ワンオペでも楽に食べさせられる朝食のアイデアがあれば教えていただけますでしょうか。

先生のアドバイス
幼児教室コペル代表講師 ペアレントセラピスト代表
大坪 可奈

お母さまの入院中、お父様ががんばってくださっているのですね。お父さまが楽にお子さんと楽しく朝食をいただけるといいですね。 準備するのが大変な朝ごはんですが、元気に子どもたちが活動するためにはとても重要だそうです。

毎年、文部科学省が全国の小中学生を対象に行っている学力調査では、「栄養バランスのとれた朝ごはんを毎日食べている子どもほど、学力が高くなる」ということが一貫して示されています。

また、東北大学加齢医学研究所所長・川島隆太教授の研究によると、脳の発達のためには、朝ごはんの質が大切だそうです。 主食のパンやごはんのブドウ糖だけでなく、それを分解する栄養素が多いほど脳のシナプスがしっかりと働くそうです。 しかも、GI値(食後の血糖値の上がり方を示す指数)が低い主食の方が、脳への栄養供給するため、パンより、お米の方が好ましいそうです。

ですから、朝は「ごはん+おかず(品数多く)」をとるのがベストということですね!

でも、お父様がおひとりで何品もつくるのはむずかしいでしょうし、お子様もそんなに朝から食べない。そんな悩みもありますよね。

そこで、コペルでは、朝ごはんには雑穀米に鮭やちりめん、ゴマをまぜたおにぎり+具だくさんのお味噌汁をおすすめしています。 お味噌汁をつくる余裕がなければ、インスタントでも大丈夫です!(できれば無添加を)

おにぎりのサイズを一口サイズのおむすびにすると「小さなおむすびだよ~パク!」 楽しくたべることができますよ! 納豆、きゅうり、チーズ、トマトなど、そのまま食べられるものを追加してもいいですね。 ミカンやバナナなども食べやすいのでおすすめです。 前日のおかずの残りを追加すると、品数が増えていいですね。 朝からごはんを炊くのが難しい場合は、あらかじめお母さまが多めに炊いておいて小分けにして冷凍しておかれるのもいいかもしれません。

そして、最後に一番大切なのはお子さんと一緒に朝食をたべてくださることだと思います。 早寝早起き朝ごはん全国協議会の資料でも、家族と一緒に食べている子どもは、イライラしたり、元気が出ないなどの不定愁訴が少ないそうです。

きっと、お父さまと一緒に朝食をとることで、お子さんの気持ちが落ち着くことと思います。

お悩みを相談する

過去セミナー

子育てお役立ちコンテンツ

coming soon